7月7日 浜松市松韻亭の立礼席の席主当番を勤めました。

花と色紙が、季節を表し亭主の心を代弁するのです。

 

色紙は「暑」
清水寺、森清範管主書

花は、アカウキクサ「宇治金時」
ガラス器はアンティーク搔き氷足付き皿

手前の見菓子は「糺の森」
50名の来園者に薄茶一服と、目で楽しんでいただきました。